« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

2009年2月23日

ひとつの心で生きるのは…

人は、あちらこちらに、心の断片をおいてきていることがあるのだそうです。
トカゲが尻尾を切るように、あっちにちょろり、こっちにちょろり、と切り捨てることで
いっときの生存を確保しているそうな。
そして、何度も削り落としてやせほそった心で生きていることもあるそうな。

2月はじめまでの私が、まさにその状態でした。

「心(魂)の統合」というカウンセリングを受けて、あちこちの断片を集めてみると…
これが、つらい。

あちこちで断片的にいい顔をするために、偽りの塊になっていたことを知らされます。
次の場所で難なく過ごすために、いま、ここ、目の前にいる人を傷つけてきたことを思います。

都合よく日常をするりするりとやり過ごすことがとてもむずかしくなります。
ぷっくり丸くもどったハートは、いろんなところにぶつかり、再び痛みを知るようです。

マルいハートが語る答えが、時すでに遅しでなければいいんだけど。
マルいハートで生きる強さはどこからくるんだろう。

| | コメント (0)

自分の声を知っていますか、好きですか?

両国に移転したばかりのトマティス東京センター、イベント第一弾。なんと、これまで聴覚トレーニング(48時間!)→発声(32時間!)が必要だったのに、なんと、発声の1日講座です。

内容がエッセンス凝縮になるだけに、今日の対象者は「声のプロ」の方たちでした。さすがに、いきなり骨をひびかせるハミングがお上手だったけれど、これなら、十分子どもを教える先生たちもできるじゃん!とワクワク。

そこで印象的だったのは、「からだは楽器。誰でも自分にふさわしいすばらしいひびきを持っている。自分の声を嫌いなのは、自分の声を知らないだけ。」「いろんな先生が、自分の弱点克服体験を中心にすえて、いろんなことを指導なさる。そのすべては真実。でも、部分的なもの。全体をシンプルに深く見渡すのがトマティス」

そーだ!そーだ!とひとり盛り上がり。

この、トマティス初めてのみなさんに発声からお話しする、というこれまでにはなかった筋立てが、これから、N研のみなさまに声メインでプレゼンする身には、大いに参考になりました。

いつもながら、日原美智子先生の「できる」と「わかる」の一致ぶりには圧倒されます…

帰りの車中酔っ払った仲間と電車の車輪回転音にあわせてハミングしたのも面白かった!
音にやな音なんて無い。やな音と感じる自分だけ。なんでも、ネタになります。

| | コメント (0)

2009年2月18日

私がとても苦手だった、まだ苦手なこと

泣くこと
食べること

わんわん泣き、もりもり食べる、なんて、何十年も忘れている感覚。
思い出せるのは、ほんとに小さい頃だけ。

小学生の頃から、「泣かないよい子だね」が自慢。
高校生のころは、拒食症。

今は相当元気。でも、生き物として、ぶっこわれている、とずっと感じてきていました。
そしてやっぱり、小さな断片がばかにできないものだと感じています。

そのきっかけになったのが、「噛み締めぐせ」に気づいたこと。
ふと、気づくと、ぎゅっと歯を噛み締めて、下顎を引いているのです。
きまって、そんなときは息も浅く、気分も沈んだり、わけもなくイライラしたり。

「噛み締め」をやめるよう意識したら、たちまちトマティスの骨導ハミングをしたら、響きが様変わり。

そのときから、いろんなことがあふれ出しています。
これをまた、ハミングがどこへ導くか楽しみなもの。

こんな変化を公私共に必要としていたタイミングで。この「噛みあい」ぶりには驚きます。

| | コメント (0)

2009年2月13日

マインドマップ*アウトライン

あるときから、マップがアウトラインに収束していく。
この呼吸は、なに?
この間にあるもの、
この呼吸を成り立たせるものは、なに?

いま、トマティスメソッドについてのプレゼンを用意していて、
その瞬間を体験しました。
でも、言葉にならない。
なんじゃこれ。

| | コメント (0)

2009年2月11日

フォトリーディング・フォローアップby神田昌典さん

今日、はじめてナマで神田昌典さんに会いました。へ~~~~と学ぶこと、一杯。うまいな~ぬすんじゃえ!一杯、です。

写真よりずっとナマが素敵な方でした。詳しくは、明日以降ちょろちょろ小出しにします。

| | コメント (2)

2009年2月 9日

これはすごいかも☆IH

はいはい、決して最新のお台所やら、鍋釜やらの話ではありませんよ。

ひたすら「受けるばかり」の立場に甘えまくってすごしたIntegrated Healing Module 2 Healing Conceptのセミナー。いやあ、面白かった。いろんな道具も使う人の器量次第と納得。道具を生かすのは手に取る者の自己修練なのでしょう。

とにかくこれまで「ロンドン橋」のように、通訳として人々の学びに参与しながらも、多くの人を見送るばかりで、みずからの口を通して伝えたことを、人々の側に回って受けとり、味わう機会が十分だったとは言えません。とくにシュタイナー治癒教育の場面がそうでした。(そうならなかった理由をさぐると、いろんな課題があぶりだされて来るのですが)

今回の主催者の方たちは「継続」と「健全経営」を明確に意識し、学んでいるようにお見受けしていますが、だからこそ根っこのある新しいアイデアもわいてくるのでしょうか。私は、通訳として内容把握をするだけでなく、次に私が通訳としてお手伝いする講座に参加するであろうみなさんと出逢い、皆さんにひたすら迎えられ、受け取る立場を楽しませてもらいました。

私は「知る」と「やる」のギャップは大きいほう。いろんな情報をキャッチするのは、いわゆる採用者分布曲線でいえばイノベーターと同じ時期なのでしょうが、手をのばすのはアーリーマジョリティの時期。(うさとの服とMBTの靴はばっちりイノベーターだったと思いますが)。人を眺めて安全確認しているのですね。でも、今度ばかりはズレないぞ。

6回もモニターをさせていただいたのですが、今思い返すと、どの回も、思いがけず、それぞれお相手の方とピッタリの事柄を話していました、というより、話しているうちにそういうふうに、形作られていって、みなさん、それぞれのお力を出してくださったと思います。

不思議なことに、いつも、わけもわからず痛みが取れない肩甲骨の裏あたり、今朝からばかにすっきりしているのです。「痛みがとれたらいいなあ」なんてこの3日間願ったこともないのですが。ほかにも、昨晩は帰宅したら夕飯ができているし、おまけに半年心配していた、でも手をだしようのないことが、思いがけずとてもよい形で大団円になりそうです。

ほんと、みなさまありがとうございました。

今日は、昨日紹介された参考文献を買います。(きのう横浜の老舗本屋に寄ったけどなかったよー!…「ない」のメタファー? J*Cさま?)


| | コメント (0)

2009年2月 7日

日本人をクビになったか

さっきは日本語が入力できず、英語で書いた記事。いつもどおりアップロードしたのに跡形も無い。

今日も、Integrated Healingの見学と称して、座敷わらしおばさんはみなさんに色んな想起、発見をお助けいただいています。

わたしをお誘いくださったの、これ、想定外におよぶ大正解だと思う。

| | コメント (0)

2009年2月 5日

キネシ初体験 ありがと+緊急SOS

去る週末、アトラスキネシオロジージャパンの斎藤夫妻の嬉しいお誘いに応えて、IHインテグレーテッドヒーリングの4教程のうち、2つめに見学でおじゃましました。3,4と英国から招く講師の通訳をお頼まれしてのことで、こんなふうに、前教程をリアルにお見せくださる方はそうそうありません。どれだけ、斎藤夫妻のビジョンが先までとどいているか、思い知らされます。

講座では、皆さんへのデモとして夫妻のセッションをクラス公開で受けられたベテランアシスタントのJ*Cさんが、私に実習をしてくださいました。なんて、もったいないこと。わたしはなにもお返しができないのに。

どの鳥もびっくりして振り返るような響きの豊かな声の持ち主のJ*Cさんにおまかせして、扁桃体、インナーチャイルドの修正を受けました。そのときは、インナーチャイルドもとっても見つけにくくて、にくらしいガキでした。ところが…セッションのあと3日間、これまで悩んでいた、液晶モニタ凝視翻訳中の昼間の突如の眠気がいちども無いのです。ほかにも、ふと気がつくと、いままでにない穏やかさ…という瞬間があって…。そして、これはすごい、と確信しています。

こんなうふに日曜を思い返していたら、緊急事態発生!これがまた、つながりがあるようで、どうにも不思議です!

| | コメント (2)

2009年2月 3日

さすが英国*大雪愉快ビデオ

英国は18年ぶりの大雪だそう。そういえば、私がリーズ大学に留学したとき、周りのみんなが「去年は大変だったんだよ~」と言っていました。以来、雪は少なかったのですネエ。

で、BBCを見ていたらおかしいのなんのって。イギリス中の人が、携帯やらホームビデオやらでおかしな映像を撮ってはBBCに送ってよこしているそうです。その量が大雪なんかお話にならないほど記録的だそうで、ウェブ上はこちらと、これも。内容もおかしいこと。交通が麻痺しているというのでスノボで出かける人、スキー板をはいて車に引っ張ってもらうハイリスクなものぐさ屋。雪玉を作ってるウサギ…どういうわけか、向こうに、ではなく手前に転がしてる。なんだかみんな楽しそうジャン。

山のように投稿されるので、どんどん放送内容も更新されることでしょう。

イギリス人は英語の辞書を引いて、自分の用法が載っていないと「けしからん辞書だ」とぶーたれるそう。BBCに投稿した映像が放映されないと、やっぱりぶーたれるのかしら。

(イギリス英語の子音を気持ちよ~く浴びながら翻訳の推敲にやっぱり苦しんでおります。あはは)


| | コメント (0)

2009年2月 2日

横浜戸塚浅間山降灰

えっ!!そうだったのですか!!

今日は、昨日大充実だったアトラスキネシオロジーさんでの一日を報告するつもりでした。
楽しかった1日を幸せな気持ちで思い出し、コトバを探しながら、朝、布団を干そうとしたら!

なんと、ベランダの手すりに今まで見たことない白い粉が。いつもは赤土、黒土の田舎臭い土ぼこり。
なんだ、もう、スギ花粉か、でも、この辺杉なんて生えてないぞー!と思いつつ、雑巾で吹いたのですが、ニュースを聞く限り、こりゃ火山灰じゃありませんか。

よし、庭に黒い折り紙を置いてみよう。

しこしこ集めたら美顔石鹸とか、入浴剤になるんじゃろか。
それは冗談として、群馬、長野のみなさま、お気をつけて。
おばあちゃんを背負って逃げ走り、力尽きて参道の石段半ばで力尽きたお嬢さんのお話、思い出されます。

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »