« 漢字ギライなんてありえない!~学びの衝動にブレーキをかけるのは誰?何? | トップページ | 「運動神経が悪い」のいい加減!その① »

2012年2月27日

通訳は惚れっぽい

いや、全員がそうでは困るのかも知れませんが。

私が楽しみにしている仕事のひとつに、例年の「食品工学関係の国際セミナーがあります。

だって!仕込み勉強をしているだけで、有難くなってしてしまうのです。毎日食べられるということが、どれほどの工夫の上に成り立っているのか、おどろくばかり。

マヨネーズの容器、ポテトチップの袋、飲み物のプルタブの大きさ…ありとあらゆるところに、中身の食べ物を大事にするための、人間が安心して使えるようにするための、工夫が満ちています。

昨年は震災直前に「食品事故」への誠実・正確な対処法がテーマでした。原発事故後の記者会見を眺めるよい手がかりになりました。

さて、うれしいのは、懇親会でお話ししていてA社の方はわたしがB社の通訳者と思い込み、B社のかたはA社のつれてきた人、と勘違いしていらたと判明すること。

そんなときは、驚くみなさんに心からお礼を申し上げたあと、こうお尋ねするのが私の楽しみです。

「みなさんの最近の商品でおすすめのものを教えてください」

もう、みなさん目を輝かせて開発秘話を語ってくださいます。
「プロジェクトX」や「プロフェッショナル~仕事の流儀」みたいなストーリーがぎっしりです。

で、去年のおすすめはこちらです。

Sm_014_l


会場になる、あの大根踊りで有名な大学の学生さんたちのお手伝いぶりもとても気持ち良いものです!


|

« 漢字ギライなんてありえない!~学びの衝動にブレーキをかけるのは誰?何? | トップページ | 「運動神経が悪い」のいい加減!その① »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35351/54088633

この記事へのトラックバック一覧です: 通訳は惚れっぽい:

« 漢字ギライなんてありえない!~学びの衝動にブレーキをかけるのは誰?何? | トップページ | 「運動神経が悪い」のいい加減!その① »