« 「運動神経が悪い」のいい加減 その② 英語は90度回転したら読みやすいの怪 | トップページ | 新ブログご案内【カラダは楽器、コトバは歌】 »

2012年4月11日

個人の好みの問題?【引用・出典・参考文献~知的財産は守ってこそオープンに】

「あなたはそういうこと気にするのよね。」
で済ませてよいとは思わないのです。

学習支援や治癒教育と呼ばれるさまざまな手法。
講座で紹介される情報やエクササイズには
出典がはっきりしているものも。
それがまるで講師自身が開発したかのように
扱われることがしばしば。

それでいいとは思わないんだけど、と指摘すると、
しばしば上のように
個人の好みの問題として片づけられそうになるのです。

確かに、ひとそれぞれ、独自の工夫が加わるし、
講師の方が紹介しなければ知ることもなかったかもしれないので
かけがえのない役割を担ってくださっているのは間違いありません。
ならば、なおさら堂々と出典は示したうえで、
自分のクリエイティビティも発揮したらいい。

私は学ぶ人が自由に源を辿れるようにするのが
自分の仕事のひとつだと思っています。

学ぶ過程で誰から何を学んだかをフェアに明示するのは、
大学のタームペーパー程度でも最低限要求されること。

知識や情報の水路をはっきりさせておくことは、
自分にやましいところがなければなんともないはず。

そんな思いから、「エクストラ・レッスン」は参考文献のすべてについて、
翻訳が出ているかどうか国会図書館の情報で調べました。
おまけでも特別サービスでもありません。あったりまえのこと。
そうしなかったら、みなさんに申し訳ない。

その参考文献のひとつINPPのReflexes, Learning and Behaviourもまもなく日本語で登場!

原始反射・姿勢反射についての必読本として
さまざまな学習支援メソッドに推薦していただいています。

INPPのアプローチは、人間が備えて生まれてくる「反射」がもつ
まるで「神さまの持たせたお弁当」のような
善なるはたらきをしっかり学ぶこと。

そのうえで、抑制のタイミングを過ぎて複数の反射が残っているときに
(5時間目になってもお弁当が食べ終わらない涙目ちゃんたち)、
どんな影響が現れるているか、生理・心理・認知から総合的に丁寧に調べます。

決してひとつひとつの反射を文脈から切り離して取り上げて、
ツブすのではありません。
それでは苦しみという仮の姿をまとった個性という宝を壊しかねません。

さて、学校用テキストの翻訳にもどります。

これは地味だけれどシンプルなホンモノ。

|

« 「運動神経が悪い」のいい加減 その② 英語は90度回転したら読みやすいの怪 | トップページ | 新ブログご案内【カラダは楽器、コトバは歌】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/35351/54445131

この記事へのトラックバック一覧です: 個人の好みの問題?【引用・出典・参考文献~知的財産は守ってこそオープンに】:

« 「運動神経が悪い」のいい加減 その② 英語は90度回転したら読みやすいの怪 | トップページ | 新ブログご案内【カラダは楽器、コトバは歌】 »