9月8日バーバラさん自由学園で講演会

「すべての子どもはよくできうる子どもである」を実践しつづけるシュタイナー学習支援教育のバーバラ・ボールドウィンさん、ついに自由学園で催しを行います。

「barbarajiyuflyer.docx」をダウンロード

自由学園は、大正時代に類まれなビジョンのもとに生まれ、みずから喧伝することなく、流行に惑わず、着実に実践をつづける稀有のキリスト教学校です。生徒・先生たちが丁寧に手入れしたキャンパスはほったらかしの野生にはない、人の思いと自然があいまったみずみずしい空気があふれています。目に見えないものを信じつつ、互いを敬って日々を着実にともに生きる自由学園は、日本の教育の希望のひとつであると確信し、今回の共働をはたらきかけました。

朝から男子部(中高)生徒諸君と新しい取り組みを共にしますが、その報告をかねて、夕方に大人向けの講演会を行い、日本の私学現場にむけた励ましと提案をいただきます。

講演「すべての子どもがよくできうる子どもである」を実現する
内容:子どもの感覚をいかす授業、生活の工夫(12感覚、学習優位感覚などに触れる予定)
日時:9月8日 17時~19時
対象:自由学園関係者、キリスト教学校関係者
会場:自由学園 60周年記念講堂(西武池袋線ひばりが丘 徒歩10分)
参加費:おとな2000円 学生1000円
お申込み期限:9月7日
お申込み方法:上記リンクのチラシ裏面をご覧ください。

対象は上記のとおりですが、「どっちも関係ないもん…」とお諦めにならず、とにかく、まずわたくし、冠木友紀子に関心をお持ちの旨、ご一報ください。メールアドレスはチラシの裏面にございます。

学校の中ですので、セキュリティ上配慮も必要ですし、新しい試みですので、学園の皆様が無理や違和感をがまんなさって、ということにならないよう、努めたいと考えています。

ここに書くのも妙ですが、チラシ、カバーレター作りなど、学園の先生方には多大活迅速なご協力をいただいたこと、心から感謝しています。